2011年09月10日

しょぼいデイトレよりスイングトレード

【なぜスイングなのか】
デイトレードは1日回以上トレードします。
スイングトレードは1日1回未満です。
これが意味する所がお分かりになるでしょうか?

取引回数が
デイトレ > スイング

となるわけですが 一般的にはトレードは数をこなせばこなすほど普通は負けます。

正確には 少しでも利益が乗ったら辞める方法を取れば 勝つ回数は増えます。 しかし どのみち普通に95%の負け組の方法でトレードする限りは 大きく負ける時が必ず来ますので デイトレは勝率だけを上げるにはいい方法かもしれません。 ところがスイングトレードは手数が少なる分 負け金額は比較的少なくしやすいのです。
_________________________
【スイングが嫌になる瞬間】
スイングトレードをやっていると 日々の値幅で損した気分になることが多いと思います。
1週間の値幅が500だったとすると 1日の値幅は100かと言うと そうではないからです。

スイングでは200Pipsもの大きな利益が取れることもありますが、 そのポジションを持っている時の値幅は 実は700Pipsもあったとゆうことはザラにあるのです。

無題.png
チャートはドリームバイザー為替ドル円チャートから引用
_________________________
【手数が増えると負けやすい】
スイングトレードはある程度のトレンド予測を元に 利益確定幅 損失確定幅 共に大きく取るので 反対売買のタイミングが必然的に遅くなります。

デイトレはトレンドを見失わないように注意しながら 値動きを取る方法ですし 1日の値幅以上の値動きは期待できませんので 反対売買のタイミングを早めるために 利益確定幅 損失確定幅 共に小さくする必要が出てきます。
上手く行けば1日の値幅以上を取ることも出来るでしょうが 今日1日が陽線か陰線かを読むようなもので 非常に難しいトレードとなってきます。

相場の本質としては多くの場面で持ち合いが続き たまにどちらかにトレンドが発生します。
そして稀に大きく片方に動き続けます。

デイトレは比較的正確に相場の流れに乗っていくことが求められます。 持ち合いの時期は 天底を見極める必要があり 大きな流れになった場合は流れに沿ったトレードをしなければいけません。

スイングは比較的トレンド追従一辺倒のルールでも勝負になる所があります。 これは正確に相場が読めないことを逆手に取って 持ち合い時期にも利益が取れて トレンド発生時にも外れてもある程度のところで損失が確定される為です。

全ての天底が取れればデイトレほど儲かるトレードは有りませんが 方向が合っていたのに大きな損切りや小さな利益確定をする必要が多くなってくるため スイングに比べるととても勝ちにくいのです。
_________________________
posted by デジタルトレーダー at 17:27| Comment(5) | 100万円を1億にする投資法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。