2011年08月24日

外為オプションのシステム構築|データ編集編1

データの準備ができたら 次はデータの加工をして優位ある法則を見つけていくことになります。
現在見えているのは数値だけですが 実際のFXチャートを見ながら考えることで いい案が浮かんでくるかもしれません。

まずは難しい考えはやめて 簡単にデータを見ていきましょう。
Openofficeのデータは左から
A : 日付
B : 開始時間
C : 始値
D : 高値
E : 安値
F : 終値

1が一番昔のデータで2・3・4 と新しくなっていき 一番下が一番新しいデータ つまりはチャートで言えば一番右のローソク足です。
_________________________

まず、一番上の15分足が陽線なのか陰線なのか それとも十字線なのかはっきりさせましょう。
始値<終値 なら陽線、 始値>終値 なら陰線、 始値=終値 なら十字線ですから
終値ー始値がプラスなら陽線 マイナスなら陰線であることが ひと目でわかります。

G1に次のように打ち込んでみてください =F1-C1
4.png

次に、全部の15分足を一括して変換します。 矢印のところにポインタを合わせると「+」の形に変化します。 ここでダブルクリックします。
5.png

このようになれば成功です。 こうすることで いちいち数式を打ち込まなくてもOKです。
6.png
posted by デジタルトレーダー at 22:57| Comment(0) | システムトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。