2011年09月05日

デリバティブとは|意味と種類

【デリバティブの意味】
レバレッジを効かせ、資金以上の取引を行える金融派生商品を デリバティブ取引 と言います。
少し前までは現物取引と言って 実際にある商品を取引していましたが デリバティブではこの本来取引されてきた現物取引の 相場変動によるリスク回避の為に開発された取引です。

リスク回避の為に作られた商品であるが故に 少ない資金で保険をかけるような取引が求められました。 それがレバレッジとなったのです。

デリバティブ商品は 現物の価格により左右されることが本来の動きでしたが デリバティブ商品そのものにより現物価格が影響を受けることが多くなってきました。
それだけデリバティブ市場が巨大化してしまったのは 現物よりも大きな取引ができることによって 現物を扱うよりも大きな利益を狙うことが出来るようになったと気づいた人が多く、市場に参加する人口と資金が集まってきた為です。
_________________________
【デリバティブ商品の種類】
先物取引
将来の期日を精算日とし その精算日に売り買いした金額で一定量を売り買いすることが保証される取引です。
わかりやすく言うなら 今の価格で売り買いすれば 将来の精算日に一定量を受け取る事が出来ますが 実際は差金決済なので現物を受け取ること無く 金銭だけのやり取りになります。 通常は精算日まで待たず途中決済をされる事が多いです。
デリバティブ取引で最も有名なのがこの先物取引です。

スワップ取引
異なる現物の元本や金利差を交換します。
個人投資家には馴染みが薄いかもしれませんが 固定金利と変動金利 変動金利同士などを交換します。 FX等ではスワップポイントと言って金利差を原因とした金額が日付を超えるごとに計算され加減されます。

オプション取引
権利取引です。 通常ヘッジとして使用されるのは買いの方で 売りは機関投資家のヘッジなどには使用されません。
権利行使価格よりも上下することによって権利を得たり失ったりします。
このオプション取引は保険と考えると もっとも分かりやすい取引かもしれません。
利益を上げるためには 届きそうもない金額を売り 届きそうな金額を買う事が基本となります。
_________________________
posted by デジタルトレーダー at 19:53| Comment(0) | レバレッジとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。