2011年08月20日

ドル円|為替の高値安値

為替チャートの見方の一つに 高値安値に注目する方法があります。
チャートを見ていると何となく ギザギザに動いていくことがわかると思います。 このギザギザの頂点と谷間に注目していくと ある程度の相場の危険度がわかると思います。

説明するのは簡単なのですが いった言葉の意味が通じるかどうか 書き手と読み手の意思の疎通の点では正確さに欠けますので 是非ご自身で気づいていただければ幸いかと思います。
ここではひょっとすれば説明不要な 最も誰でも分かりそうな部分を説明します。
_________________________
【切り上げ型】
上昇相場によくみられる動きです。
無題.png
チャートはドリームバイザー 為替チャートから引用

比較的綺麗に上昇相場を描いている部分です。
安値を切り上げながら 高値を抑えられていますが 最終的には高値を僅かに更新した形になっています。

この場合 直近の安値に見える部分がお分かりになりますでしょうか? 読み進める前にご自身で確認してみてください。

答えは2つあります。 どちらでも正解ですが 短期スイングトレーダーなら後者を注目すると思います。
前者は 109.34 後者は 115.22 どちらか思いつきましたでしょうか?
_________________________
【切り下げ型】
下降相場によくみられる動きです
無題.png
チャートはドリームバイザー 為替チャートから引用

高根と安値を切り下げながら下がってきています。
慣れるまではややこしいかもしれませんが ドル円チャートが右肩下がりに成ることを 「円高」 と言います。

このチャートで特徴的なのは 窓を開けている事ですが ここでは省きます。
見方は切り上げ型と同じで 基本的には切り上げ型に移行するまでは 下降相場である訳です。
_________________________
【持ち合い型】
高値安値共にどっち付かずの状態です。
無題.png
チャートはドリームバイザー 為替チャートから引用

この場合は 高値を切り下げ 安値を切り上げ 値幅がドンドン収縮していくので 特に「3角持ち合い」と言われます。
どちらかに放たれた方向に行きやすですが 騙しである可能性もあります。
判断がつかない時は チャートの期間を長めにとってみると何か見えてくるかもしれません。
_________________________
posted by デジタルトレーダー at 12:37| Comment(0) | 簡単なFX・株式チャートの見方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

ペンタゴンチャートの作り方と見方

株価は 持ち合い・上昇・下降・暴騰・暴落 のいずれかに当てはまります。
その上昇角度・下降角度 持ち合い時の値幅などは おおよそペンタゴン(5角形)の示す5つの角度に収束する事が多いです。

ペンタゴンチャートはフィボナッチや黄金比といった 相場ではよく起こる形をしている為 ローソク足がこの範囲内に当てはまることが非常に多いのです。
無題.png
_________________________

これを踏まえて ローソクがペンタゴンから はみ出さないように配置します。

無題.png
日経平均ペンタゴンチャートは ドリームバイザー株価チャートから引用

とりあえず当てはめてみたペンタゴンチャートによると 最後の二つのペンタゴンに焦点を合わせた時には 現在は上昇に転じそうだった相場が一転して急落していることがわかります。

次の可能性は3種類あります。
1 : 更に下にペンタゴンがつけると大暴落
2 : 右下につけると安値持ち合いか下降相場
3 : 右上につけると反転上昇から持ち合いになるか急騰に転じるか 
_________________________

次に描かれるペンタゴンに 左側はあり得ません。
もし左側にペンタゴンを書き入れなければ ローソクがペンタゴンからはみ出してしまう場合は ペンタゴンチャートが上手くかけていない場合です。

ペンタゴンは 値幅・角度・時間と 相場でよくある動き全てに対応したものですが 覚えておかなければいけないのは 「よくある」 とゆう事で 「常にそうなるとは限らない」 とゆう点です。

つまりは範囲の中で相場付きはわかり ペンタゴンのライン付近では反発する動きが多く見られますが 常に支持・抵抗線として そこに来たら反発するものでは無く おおよそペンタゴンに従う動きがみられるのです。 これを利用してトレードしているトレーダーも存在します。
_________________________
posted by デジタルトレーダー at 20:07| Comment(0) | 簡単なFX・株式チャートの見方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

テクニカルの基本|移動平均線でわかる相場つき

テクニカルの基本中の基本は移動平均線です。
これさえ知っておけば あとはオマケみたいなものだと思えば良いです。

全てのテクニカルはローソク足と言って ある一定期間の 始り値 高値 安値 終値 の4つの値からできています。 そして4つの値を4本値と言います。
この、ある一定期間が 1日のものを日足、1時間のものを時間足、1分のものを分足、と言います。
ちなみに5分ですと5分足となります。
_________________________
【ローソク足とは】

4本値を図形に表したもので右に行くほど直近(新しい)価格です。

無題.png
チャートはドリームバイザー株価チャートを引用
白いローソク(赤の場合もある)と黒いローソク(青の場合もある)があります。

開始時刻より終了時刻のほうが高い値段をつけた場合 陽線
開始時刻より終了時刻のほうが低い値段をつけた場合 陽線
開始時刻と終了時刻の値段が同一の場合 十字線といいます。
無題.png
_________________________
【移動平均線とは】

移動平均線(Moving Average)はこの4本値のうち「終値の平均値」を指します。
チャートを見ると赤い線と青い線があります。
これが移動平均線です。 このチャートの場合MA(25)とMA(75)の記載があり、日足チャートですから、25日移動平均線と75日移動平均線が表示してあることがわかります。

この移動平均線がほぼ水平を保って ローソク足が移動平均線の上下に振れていることを 「持ち合い」 と言います。
移動平均線が下向きでローソクがその下にある場合 「下降相場」 であることがわかります。
移動平均線が上向きでローソクがその上にある場合 「上昇相場」 であることがわかります。
_________________________
【現在の状況】
上記チャートでは
75MAがほぼ水平でローソクが下、25MAが下向きでローソクがかなり下、
75MAを長期・25MAを中期 とすると
短期暴落 中期下降 長期持ち合い であることがわかります。

・さらにローソクが下降すれば長期も下がり 25・75MAからも相当離れるので 「大暴落」
・ローソクが9700を超えれば 長期では 「持ちあい維持」
・ローソクが9700を超えないようであれば 「長期下降」
となっていきます。 移動平均線から価格が離れていくことを 「乖離(かいり)する」 と言いますが乖離が大きければ大きくなるほど 「荒れ相場」 であることがわかります。

だいたいこのくらい知っておけば 現在の相場状況が自分でも読める(予想が立つとは違う)と思います。
_________________________
posted by デジタルトレーダー at 19:02| Comment(0) | 簡単なFX・株式チャートの見方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。